リオ五輪で体操父親が企業金メダル

五輪で体操夫が会社優勝した。予選は4辺りだったにも関わらず素晴らしい。それよりも、失敗してからその流れを断ち切ったことが有難い。体操のことは細かくわからないけれど、津々浦々男の子の抜け出る心得は素晴らしいと思った。本音最初から最後まで見た競技はなく、山場やワイドショーを見て満足してしまっているけれど。フィールドで見ていたら感動しただろうな。リオ五輪は取り付けが進んでいなく、治安も悪いと報告でやっていたので心配だったが、始まってみれば割と普通でよかった。それでも全員が喜びとは言えないのだろうけど、いかなる事であってもキャパを出さなくてはいけない選手たちはプレッシャーも酷いとおもう。そういった内的の調教というのは、競技の調教とはまた不一致難しいと想うが、応援して要るお客がたくさんいることを思ってがんばってほしい。メダルが取れなくても、おんなじ邦人が世界で活躍しているのはありがたいことだ。